婦人

わきがの臭いにトドメを|根本から取り除く

眼窩脂肪を除去できる

目もと

脂肪注入で自然な仕上がり

美容整形クリニックの施術によって目の下のたるみは治療することが可能です。施術方法は広く採られている術式として脱脂法があります。たるみの原因である眼窩脂肪を取り除く術式ですが、これに加えて脂肪注入を行うことで、さらに目元の仕上がりをより自然に見せられます。脂肪注入は脱脂法によって取り除いた脂肪の跡にできた凹みや、膨らみを伴わない目の下のたるみ治療の後に行うと有効です。自分の体から採取した脂肪を、そのまま目の下に注入することで、自然な膨らみを実現できます。目の下には目袋がありますが、脂肪注入によってこの目袋も膨らみを持たせることもできるので、特に女性にとってはチャームポイントを作れます。

施術効果は一生は続かない

現代の美容医療の技術でも、目の下のたるみ取り施術は効果が一生続く訳ではないので、気をつけておきたい点です。メスを使う脱脂術の場合は医師の腕や個人差にもよりますが、概ね10年程度で効果が薄れてきます。また施術の種類によってはさらに持続する効果は短くなります。例えばプチ整形として人気があるヒアルロン酸注入による目の下のたるみ取りは、注入したヒアルロン酸が自然と抜けていくので、効果は1年前後です。他にも注意点として、施術法によっては僅かですが目元などに傷跡が残ることがあります。施術時に傷跡が目立たない部位を選んで医師は切開をしますが、それでも施術の種類次第では傷跡ができます。どうしても傷跡を施術で残したくない場合は、経結膜脱脂法のような傷跡が残らないまぶた裏を切開する施術を選べます。